滋賀で安心して暮らせるデザイン住宅

subpage1

個性的な土地に一戸建てを建築するときは、デザイン住宅を選択する方法もオススメです。外観のデザインだけでなく、住まいをトータルでデザインするからです。



滋賀は琵琶湖の周辺の平野部と、ぐるりと囲んでいる山々や丘陵地のエリアがあります。
平坦な住宅地というよりも、なんらかの切り土や盛り土を施工したほうが、地盤を強化できる場合が多く、デザイン住宅の一戸建てを検討することで、安心して暮らせる住まいを実現できます。

滋賀ならではの土地に、平坦で地下水が豊富なエリアもあります。

大きな地震が発生したときに、地盤沈下現象が発生しないように、地盤強化対策をしておくと安心です。
一般的なコンクリート基礎のデザインであっても、何箇所かに砕石を地中に投入しておくなど、地盤改良対策を施工できます。
砕石を投入するときは、敷地全体でなくても、砕石を柱状にして地中に埋める工事があります。


地盤強化対策を取り入れたデザイン住宅で、基礎と土台を強化すると良いでしょう。


地下水が豊富なエリアは、地盤強化対策が効果的です。滋賀は湿度の高い季節が長いので、コンクリート基礎を高めに設計しておくと、屋内の床上に湿気が影響しにくくなります。
高温多湿になりやすい夏は、風通しがポイントです。



エアコンを稼働させると窓を開けなくなりますが、屋内循環できるようにデザイン住宅で施工しておくと、窓を閉めたままでも屋内の空気の循環が良くなります。基礎と土台が、しっかりしているからこそ、デザインの可能性も広がります。