デザイン住宅で快適に滋賀に暮らす

subpage1

高温多湿な気候が特色で、水辺の多い滋賀県では、湿気対策に配慮されて建築されているデザイン住宅がオススメです。

建売分譲タイプの一戸建てよりも、湿気対策に特化した設計と施工が可能になるからです。

ポイントは、いかに暑さを抑制して、湿度を調整できるかです。
素材によって、湿気は、吸収させたり、放出させたりできます。滋賀ならば、国産の天然無垢材を、低コストで運送してもらえるので、注文住宅でも低価格で実現できます。
デザイン住宅との兼ね合いであれば、斬新な間取りも可能です。



傾斜地に一戸建てを新築する場合に、土地を平坦な状態にせずに、鉄骨やコンクリートで、基礎を高くする方法があります。


土地の高さを一定にしてしまうのではなく、いわゆる橋脚としての役割をコンクリート基礎と木材の土台に機能させるスタイルです。

結果的に高床式となり、室内に湿気がこもらなくなります。

換気性に優れた間取りにできます。



天然無垢材のスギならば、シロアリの被害は極めて少なく、耐水性も強いです。
床下における高温多湿にも耐久性を発揮します。
奈良や京都から運ばれてくるスギを活用すれば、輸入材よりも低コストになる場合が多く、しかも品質は安心です。



滋賀は気温の上昇と湿度の上昇のタイミングで、衛生害虫が屋外に発生しやすくなる場合があるものの、天然無垢材で建築された一戸建てには侵入されにくい特性があります。

デザイン住宅との組み合わせで、良質な木材と、高床式の特徴を反映させられる湿気対策で、衛生的で清潔な住まいに仕上がります。

不動産の特徴紹介

subpage2

滋賀にはデザイン住宅を建築する会社が多いのが特徴です。琵琶湖を中心にすえる滋賀では、独自の発想で住宅を建てたいと考える人が多く、自分の思いを住宅に反映させたいと言う人も多いため、これを受けよう建築外車が非常に多く集まることがその理由です。...

more

不動産の身に付けたい知識!

subpage3

個性的な土地に一戸建てを建築するときは、デザイン住宅を選択する方法もオススメです。外観のデザインだけでなく、住まいをトータルでデザインするからです。...

more

不動産の基礎知識

subpage4

滋賀県近江八幡市で注文住宅を建てる予定があるのなら、まずは家が出来上がるまでの流れをしっかりと把握しておくと、色々とスムーズに物事が進みます。特に近江八幡市は人気エリアなので、この流れを知っておくと注文住宅を建てる土地を見つけた後に役に立つのです。...

more

不動産の学びたい知識

subpage5

近江八幡にこれから家を買いたいという人にとって最初の家選びはとても重要なポイントとなってきます。なぜならば、家の購入という行為はおそらくほとんどの人にとって一生に一度きりのものであり、仮に家選びを失敗したからといっておいそれとは買い直すことができないものだからです。...

more